読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラの影、ヴェールの裂け目

自分の感覚をたよりに綴っていきます

「流れの早い  この世の岸辺に」

 

 心のうちに抱えた 苦さや悲しみを 

 打ち明けたくなるような 優しさは

   同じものを抱えたゆえなのか

 

  

 その抱えたものを透した優しさの中に

 どれだけの強さが流れていることか

 

 

 

ねむの花は私にとっては特別な花です。

どれだけ昔のことかわからない懐かしさが

誰のことかわからない懐かしさが

湧きあがります。

 

f:id:zaher:20160623084131j:plain

 

 

 

 

 ねむの花    詩  壷田花子

 あなたは つかれた 
 おねむりなさい と言うように
 ねむの花の咲く夕べ 
 夢のような夕べ
 あれは やさしいあわい花 
 房のような花

 

 風の中で誰か歌う
 鳥のように 
 光のように 
 とぎれとぎれの思い出しても
 声にはたたぬ あれは昔の愛の歌よ

 

 変りはてた この世の岸辺 
 にがく たたずむ私の胸に
 ふたたび あわい夢を盛りあげ
 房のような花
 夢をすすめるねむの花

 

 やさしい腕によりそって
 愛に溶けいる 眠りは忘れ
 くるしい眠りのみが私を誘う
 流れの早い
 この世の岸辺に